2018年2月25日 根本茂氏「弱気の虫を抱えて」出版記念祝賀会に出席しました。

平成30年2月25日に全国環境整備事業協同組合連合会の元会長、現株式会社アメニティいわき取締役会長根本茂氏の自叙伝とも言える「弱気の虫を抱えて」の出版記念祝賀会がホテルハワイアンズ・ラピータで開催されました。

本書は次の章で構成されています。

第1章 苦悩の日々

・生い立ちから終戦まで

第2章 新たな生活と出会い

・炭鉱に就職してから運命の出会い

第3章 生活苦のなかで出会った信仰

・魚屋を継ぐが奈落の底に転落し、信仰と出会う

第4章 清掃業との出会い

・清掃業に就職し清掃業界の再編へ

第5章 業界再編のなかで果たした私の役割

・いわき市の維持管理、清掃の組合を設立し、信頼確保に努力

第6章 未来に向け、環境業界全体を見据えた組織づくり・充実に邁進

・市内の組織、県内の組織を設立し、制度を創立

第7章 全国会長職としての課題解決と将来への展望

・全国の新規許可抑制への活動、被災地復旧活動、汚泥濃縮車の特許取得など

祝賀会には、吉野正芳復興大臣、井上義久公明党幹事長、清水敏雄いわき市長をはじめ、全国から多くの方々が参集されました。

中でも、関連会社の社員、親類、日常お世話になっている方々も多くご招待されて総勢300名となり、根本氏を支えてくれた皆様への感謝の気持ちが込められていました。

発起人を代表して全国環境整備事業協同組合連合会玉川福和会長の挨拶、ご来賓の挨拶、詩吟を経て、古き時代からのスライドを映写し、ご本人根本茂氏の挨拶後、乾杯が行われた。

祝宴では地元スパリゾートハワイアンズのフラダンスが披露されて会場は大変盛り上がり、民謡なども披露されて閉会となりました。

私もいわき市出身で汚泥濃縮車の開発段階から協力させて頂き、維持管理ガイドラインにおける清掃作業の効率化(汚泥濃縮車の活用)、その普及に携わることができましたこと光栄に思います。

今後も元気で長生きされ、後身の指導に尽力されますことを祈念致します。

 

2018年2月27日