2018年6月7日~8日特定非営利活動法人自己処理型トイレ研究会現場見学と総会に出席しました。

特定非営利活動法人自己処理型トイレ研究会の現場見学と総会に出席しました。

見学会(6月7日)

①富山市八尾町(神通川水辺プラザ内公衆トイレ:日三成機工業製 『カヤレット』)

洪水時に撤去必要、商用電源の利用不可、排水困難、冬季閉鎖 等 過酷な条件に対して、ソーラー対応移動式常流循環式トイレが設置され、臭気もほとんど無く運転されていました。

②黒部市宇奈月温泉(僧ヶ岳県立自然公園公衆トイレ:オリエントエコロジー製 『せせらぎ』オゾン+埋設型システム)

スキー場の電源、水道有ですが非放流のため、処理水をオゾン処理して循環するシステムを採用しています。汚水処理システムに加え、既存ビジターセンター内を快適トイレに改造する提案をして採用されたものです。登山シーズンはこれからということで、立ち上げ運転段階でしたが、無色透明な洗浄水が利用できる状態となっていました。

その晩は宇奈月温泉に宿泊し、温泉と美味しい食事、部屋での二次会と楽しい時間を過ごしました。

総会(6月8日)

第12回通常総会が黒部市宇奈月国際会館「セレネ」特別会議室にて、以下の事案について執り行われました。

報告事項

・平成29年度の事業報告

決議事項

・平成29年度決算、平成30年度事業計画および予算、定款変更

この中ではNPO法の改正に伴い、【公告の方法】が変更となり、貸借対照表の公告も義務化されたため、その方法について定款を変更して対応することとされました。

その他

特定非営利活動法人自己処理型トイレ研究会をさらに知ってもらうための様々な方法、特にホームページの活用方法等についても議論されました。

 

余禄

今回は特別会員に加わったアントイレプランナー白倉正子さんも加わり、いつもと違う雰囲気で進められました。

岡城は、広島から移動して本総会へ出席後、高山へ移動し旧友と一献交えてから岐路につき、楽しい長距離移動の旅を満喫させて頂きました。

 

 

2018年6月14日