2019 10月11日 水処理・測定技術セミナーに参加しました。

セントラル科学株式会社が主催する水処理・測定技術セミナー ~水処理技術の持続的発展と最適化のために~ に参加しました。

講演プログラムは次の3編で構成されていました。

1.「排水処理プラントの最適化と窒素・リン処理」

講師:Natalie Leiprecht 氏 Xylem Analutics WTW社

2.基調講演「持続可能な水道/下水道を実践するために」

講師:眞柄泰基 氏

3.「TOCモニタリングによる水処理の最適化」

講師:Amada Scott 氏 Suez Water Technologies & Solitions Analytical Instruments社

台風直前で欠席される方も多くおられましたが、出席者数は100人以上おられました。若い方から熟練の方まで多様な方々でした。眞柄先生に関連する業界、つながりが背景にあるものと思われました。その中には、ご指導頂いてきた現在中央大学の渡辺義公先生、元西原環境の大久保さん、インドネシアのウジュンパンダン「下水および廃棄物処理計画の事前調査」へ一緒に行った 株式会社TECインターナショナルの中尾正和さんにお会いできました。

Xulem社、Suez社は世界的シェアを持つ大きな会社であり、本講演では処理技術とセンサー技術の内容でしたが、水処理技術的には既知のものでしたが、センサー技術については、新たな展開が感じられました。これらを用いた管理へシフトしていくことが認識されました。

眞柄先生からは、これまでのご経験からの歴史的な話、それを踏まえた将来の方向性等、課題整理も含め有意義な講演でした。

 

2019年10月14日