2019 9月9日 京大テックフォーラム【社会課題から読み解く「水・衛生問題」】に出席しました。

2019年9月9日に京大テックフォーラム【社会課題から読み解く「水・衛生問題」~SDGs・防災・減殺へのアプローチ」】に出席しました。当日は台風の影響で交通機関が乱れ、出席者が大幅に影響されました。

今回の趣旨に沿って以下の3テーマの講演が行われました。

・小坂 浩司 国立保健医療科学院 生活環境研究部 上席主任研究官
『環境変化に対応した水道水質管理』

工場排水の混入に伴って除去困難な状況が発生したり、上水技術の高度化(オゾン処理、塩素処理等)によってホルムアルデヒドが発生する等、新たな問題も発生していることが示されました。また、管理が民間に移った場合に、きめ細かい水質管理ができるのだろうかという課題も感じられました。

・平山 修久 名古屋大学 減災連携研究センター 准教授
『災害廃棄物マネジメントの技術開発と実践』

災害廃棄物について、これまでの発生量予測では不十分であった事に対し、東日本大震災を例にマッピングと各地域からの廃棄物量を整理し、災害廃棄物の原単位を算出し、それをさらに検証する事で今後の施策に役立てることができるとの事でした。

・原田 英典 京都大学大学院 地球環境学堂 助教
『アジア・アフリカの衛生改善とサニテーションの価値』

原田先生とは環境省の廃棄物処理等科学研究費補助金に係る分担研究に係らせて頂き、ベトナム、バングラデッシュ、タイ等への調査に同行させて頂いた。変わらずに勢力的に活躍されておられた。今回のテーマは、あらためて以下のテーマで話された。

・衛生とは?

・SDGsにおける水・衛生とは?

・サニテーションの方向性を考える 1、2、3

アジア・アフリカにおける水環境、衛生環境の実情について、その課題を整理して頂いた。日本に居ながらには想像もつかない実情を再認識したしだいです。

2019年10月4日