2021年 12月11日 ぎふ地球環境塾に出席してきました

ぎふ地球環境塾は、環境教育の一環として、ソーラーアークのある町、岐阜県安八郡安八町で、平成14年6月から始まりました。生活を取り巻く環境に対して広く問題意識を持つことと、その解決方法などを講義と実習を交えて学ぶとの事です。 一つ一つの学びを通し、自分の住むまちから岐阜県、そして日本、さらには世界へとグローバルに環境保全・自然保護を考える地球市民を目指します。塾生は、小学生とその保護者が対象です。

歴史のある環境塾で、近年は(株)日本環境管理センターの研修室で開催されているとの事で、本日は講師2人を招いて行われました。

一人目は日本トイレ研究所の加藤篤氏です。

テーマは「災害時に備えるトイレの話」です。日本では災害が多数発生しますが、その際に困るのが電気・水道・ガスなどのインフラが止まってしまうことや家具・家屋の倒壊、浸水などによりトイレが使えなくなってしまう事です。その時を想定し塾生とのやりとりが始まります。トイレで使う水の量?地震の時に何が起きるか?暗くなってしまうトイレに何が必要か?・・・ストーリー性のあるやり取りを塾生とキャッチボールしながら進めていきます。水が流れないトイレには携帯トイレが有効であり、その3種類についての説明と子供たちによる実演をいれながら学んでいきます。他にも有用なお話を交えて1時間があっという間に進んで終了です。

二人目は旅行作家の石原英一氏で、2019年10月からは安八町の町会議員もされている方です。

テーマはわからないまま進み、前回はマネーコイン(暗号資産)を話され貨幣との違いとして環境にはどちらが優しいか?ただし、弊害もあることを話されたようです。その後、皆に白い紙を配り、その中に閉鎖環境を作って生きていくためには何が必要かを塾生たち自ら考えていきます。塾生の間をめぐり書かれたアイデアを披露しながら、まとめていきます。

話のまとめには、紙の上の密閉空間からバイオスフィア2 へと展開していきます。これはアメリカ合衆国アリゾナ州オラクルに建設された、巨大な密閉空間の中の人工生態系です。名称は「第2の生物圏」の意味であり、建設の目的は人類が宇宙空間に移住する場合、閉鎖された狭い生態系で果たして生存することができるのか検証することと、「バイオスフィア1」すなわち地球の環境問題について研究することでした。

この実験の結果は慢性的な酸素不足により脳への影響が著しく、人間活動が悲惨な状況になったため100年計画であった実験は2年間で幕を閉じることになってしまいます。

今回の塾生たちとのやり取りは考える力を養うのに極めて有効で、自分で考え自分で行動する一歩になることと確信しました。

2021年12月12日

2021年 12月10日 (株)日本環境管理センターの浄化槽汚泥濃縮車の勉強会に出席しました

浄化槽汚泥濃縮車に携わって40年になります。

岐阜県には浄化槽汚泥濃縮車が65台導入され、全国では最も多く用いられている県です。導入されてしばらくすると操作方法が自己流になる傾向があり、特に対象とする汚泥の見極めや凝集反応の見極めに個人差が生じます。

日本環境管理センターの牧野社長から、近隣の同業者も入れて勉強会を実施したいとの要望があり、浄化槽汚泥濃縮車に関する実務研修(アメニティいわきの根本氏)と座学を岡城と根本氏が担当して実施しました。

岡城が以前所属してた公益財団法人日本環境整備教育センターでは、環境省の環境研究総合推進費に課題名「汚泥濃縮車を活用した浄化槽汚泥の収集・運搬・処理過程における環境負荷削減効果の網羅的解析および最適活用方法の提案」が採択されたことから、4名派遣して本勉強会に臨みました。

天候に恵まれ、海津市役所の職員も加わり総勢20名ほどで現場からスタートしました。1か所の現場ではありましたが、構造例示型の7人槽で接触ばっ気槽内の活性汚泥化もあり、2回濃縮操作を行いまた。そのため、浄化槽内部の状況確認と汚泥濃度の違いによる凝集反応の見極めなどを確認しながら、時間をかけて勉強することができました。

座学では、最初に動き出した東急車両の濃縮車からSN式濃縮車へ、黎明期から発展までの種々の苦労話、さらに技術的には凝集剤の特性から最適凝集状態の判断に必要な事項について学びました。

本濃縮車は現場で凝集・濃縮などの処理を行うことから、中間処理(し尿処理)施設として登録しなければならないとされた時代がありました。その後、浄化槽維持管理基準等検討委員会において清掃作業の効率化について浄化槽汚泥濃縮車が検討され、その有用性が各都道府県に通知され、浄化槽ビジョンやし尿処理広域化マニュアルでもその活用が示され、結果として、濃縮車を廃掃法上の「施設」としないことに問題無いと判断されることになります。

そり頃には、SN式(モリタエコノス)濃縮車に加え、新明和工業、兼松エンジニアリングも濃縮車を開発し販売を開始しました。岐阜県ではこの3社について作業性、作業効率、汚泥濃縮度、分離液の性状などを同一設定条件で試験を行うことを教育センターも参加して実施しました。

数々の知見が得られ、浄化槽汚泥濃縮車の発展に貢献できる成果が得られました。

その他、参加者から頂いた疑問点に答えながら、ディスカッションも行うことができ、大変有意義な勉強になり、今後の現場作業に役立てて頂けるものと確信して閉会となりました。

 

2021年12月12日

2021年 12月8日 一般社団法人広島県浄化槽保守点検協会を訪問しました

一般社団法人広島県浄化槽保守点検協会とはアドバイザリー契約を締結しております。

今回は現在作成中の51人槽以上浄化槽に対する保守点検記録票について、チェック、アドバイスしてきました。

これまで20人槽以下の保守点検・清掃の記録票については、広島県のホームページに掲載され、全県下統一化が進んでいます。中型浄化槽についても同様に使用できるようにするための検討です。

中型になると機器設備、処理方式も多種多様になるため、これらを網羅した記録票にするため、しばらくは内部での議論を深め完成に向けた努力がなされることを祈念しております。

2021年12月9日

2021年 12月7日 公益社団法人広島県浄化槽協会の理事会に出席しました

2020年新型コロナウィルスによる感染者数の急増により、公益社団法人広島県浄化槽協会の理事会は書面審議が行われ、今回1年半ぶりに対面で行うことができました。

この間に新社屋が完成しましたがお披露目できず、初めて訪問することができました。以前所属しておりました公益財団法人日本環境整備教育センターも何度か移転後に新社屋が完成し、職員一同喜ばしい感があったことを思い出します。広島県浄化槽協会職員の皆様も誇りを持ってお仕事ができるものと思います。

また、本年6月には黒瀬前会長から茂本敬植新会長にバトンタッチされ、理事、監事も4名交代される等新しい体制が構築されました。

種々の議案について審議が行われ、検査率の向上に努めるとともに、浄化槽処理水質の向上、安定により水環境の保全に寄与していくことを確認し閉会となりました。

2021年12月9日

2021年 11月28日~12月1日 宮古島市議の勉強会に行ってきました

宮古島に最初に訪問したのは、2008年頃1府5省のバイオエタノールプロジェクトであり、その製造過程で発生する汚水の処理に関して環境省側の委員として出席しました。

その後、宮古島には近年になって、何度も訪問することになります。数年前、沖縄県環境整備協会が主催の研修会で宮古島の方々が聞いておられて、一度、宮古島に来て欲しいという所から始まります。

行ってみるとコロナ前の宮古島は観光客数の急増による宮古島バブルの状態です。下水道計画はありながら、ホテル、アパート、作業員用宿舎等の建設ラッシュに対して浄化槽で対応している現状です。その浄化槽は必然的に合併処理浄化槽でありますが、処理水を一週間分溜める貯留方式です。山の無い宮古島は以前より地下水汚染問題が課題であり、なるほどと思いながら、建築確認が終わると貯留槽に孔をあけ地下に浸透している実態でした。

行政施策と実態があっていない現状を全く知らない状況でしたので、地元業者である有限会社パラダイスアメニティの西里さんに2018年の全国浄化槽技術研究集会で「宮古島、石垣島の地域特性と汚水処理の現状について」と題しご発表頂きました。問い合わせは多数ありましたが、宮古島市の行政施策に変わりはありませんでした。

その後、宮古島市では汚泥処理問題が勃発します。浄化槽等からの汚泥は下水処理に希釈投入されていますが、1日当たりの投入量は50kLに制限され、ほとんど午前中(早い時は10時過ぎ)で終了となる状態です。

そのため、市議会でもやり取りがあり、新たなし尿処理施設建設(汚泥再生処理センター)の建設が決まりました。予定地は伊良部島、処理能力は50kLとし、観光名所となっている伊良部大橋をバキューム車が何度も往復することになります。その処理能力は、これまでの実績ベースと沖縄県環境影響評価条例で規定対象となる規模の処理能力50kL/日以上にしたくない事から、50kL/日以下ありきで計画されたもので、しかも補助率の高い防衛省予算の獲得に向けた早急な対応でもありました。

当時、その計画書を見た限り大変ふざけたものであり、汚泥処理計画として発生汚泥の試算には、汲み取りし尿、浄化槽汚泥量等・・が全く不合理の状態でした。

その後、市長選で前市長が破れ新市長が選任されると、一度議会で承認されたものが新しい計画として下水道投入設備の増設で対応する提案がなされました。しかし、議会に説明が無いまま計画変更されたため、議会は紛糾し「宮古島市し尿等処理施設整備事業に関する調査特別委員会」を設置し課題整理がなされ、令和3年9月22日付で報告書が提出されました。

その市議会は任期満了に伴い10月24日に選挙が行われ、これから改めてし尿処理施設等・・・について検討することが必要になります。

前置きが長くなりましたが、今回のミッションは新しく選出された議員を中心に生活排水処理・汚泥処理の現状を知って頂く勉強会への出席です。とにかく基本計画が間違っていること、汚泥発生量が間違っていること、浸透式の汲み取り便所を改善しなければならないこと、令和3年3月に示されたエコアイランド宮古島推進計画で最重要課題の一つに示された地下水の保全を実施していくためには、抜本的な改革が必要であること等をお話しました。現在の貯留方式の浄化槽は補助対象とはならず、地下浸透する場合では高度処理浄化槽を活用することが必要であり、それには条例の制定がかかせないので、議会での議論をお願いしました。

また、全国の広域化・共同化計画の動きについてもお話申し上げ、下水道、浄化槽、農業集落排水施設等の各部局が一堂に会して議論を進め計画策定することが肝要であり、財源確保のためには環境税や入島税等を導入して住民負担を軽減していくための条例制定など、議会の責任は大きいことをお話しました。

12月から新しい議会が開催されることから、今後のご活躍を願うばかりです。

 

 

2021年12月3日

2021年 11月16-17日 (一社)新潟県浄化槽整備協会の研修会に登壇しました

一般社団法人新潟県浄化槽整備協会の令和3年度浄化槽従事者研修会が、11月16日新潟会場、17日燕三条会場の2会場で実施されました。各会場の出席者数は40名、44名と新型コロナウィルス感染を考慮して絞った人数でした。

本研修は、近年の高度化・小型化した浄化槽が所期の性能を発揮するためには、適正な維持管理が重要であり、なかでも清掃は、処理機能が低下した浄化槽の機能回復や処理機能が低下することを予防するものであり、維持管理の基本の一つです。このため、高度化・小型化した浄化槽の構造・機能への理解を深めるとともに、浄化槽の清掃に関する専門的知識と技能の向上に資する研修会を開催するとあります。

すでに、浄化槽管理士、浄化槽設備士対象の研修会は実施しており、今回の対象者は清掃実務者との事です。

はじめに協会の島影清会長からご挨拶、趣旨説明が述べられた後、次のプログラムで実施されました。

① 浄化槽行政について        13:30~14:00
・講師:県廃棄物対策課
・内容:県内の浄化槽設置状況、法定検査制度、浄化槽設置整備事業、浄化槽法改正等

② 小型浄化槽の構造と機能      14:05~15:00
・講師:岡城
・内容:構造例示型の構造・機能、性能評価型浄化槽(フジクリーン、アムズ、ハウステック、ダイキアクシス等コンパク型浄化槽)の構造・機能

③ 小型浄化槽の清掃手順と留意事項  15:10~16:30
・講師:岡城
・内容:清掃の技術上の基準、構造型の清掃手順、性能評価型の各維持管理要領に沿った清掃手順と留意事項

事前に提案された上記プログラムに沿って、主なメーカーの維持管理要領書の清掃部分を精査して資料作成を行い、基本的なことが整理できたものと考えます。ここで示したことを現場の状況に照らして、自分で判断できるようになる事を祈念しております。

2021年11月19日

2021年 11月14日 報徳二宮神社における七五三のお手伝い

昨年に民生委員児童委員になってから、地元の報徳二宮神社の役員もすることになり、本年も七五三のお手伝いの時期となりました。

11月5日にのぼり旗、紅白幕、提灯、手水舎、テント、お守り等などを準備しました。

11月6日、7日、13日、14日は七五三の本番で、9時~15時の間、受付、ご祈祷への案内、写真撮影等をお手伝いしました。

こどもの数の減少とともに、七五三のご祈祷をされる方も少なくなっている感があります。4日間で25組程度の参拝・ご祈祷がありました。本神社では、ご家族ごとに拝殿でご祈祷があり、非常に丁寧に対応される印象があり、お手伝いする役員も丁寧に対応し、滞りなく七五三行事を行うことができました。

2021年11月15日

2021年 11月3日 民生委員の敬老事業を行いました

2019年12月に民生委員児童委員となりましたが、コロナ禍において活動が制限され、地域内の状況を把握することがなかなか困難な状況が続いています。その中でも、高齢者に対し、敬老事業としてお祝い品を届けることが、2020年、2021年と実施することができました。

2021年相模原市は80歳以上の方々にお祝いの羊羹、他に米寿、白寿のお祝い金をお届けすることとなりました。私の担当する地区には80歳以上が約80名で、個々に羊羹を配りながら、生活状況、健康状態等を把握しながら、コミュニケーションを取ることができました。

新型コロナウィルスの患者数が減少したことを受け、少しずつ福祉活動ができるようになってきました。2020年は民生委員児童委員としての活動ができなかったことを補うために、これから少しずつ進めていきたいと思います。

2021年11月8日

2021年 10月29日 公益社団法人沖縄県環境整備協会の研修会に登壇しました

2021年10月29日に開催予定の公益社団法人沖縄県環境整備協会の研修会講師のご依頼が6月頃にありました。その後、新型コロナウィルスの感染増加が著しいことから緊急事態が延長また延長され、開催が危ぶまれました。

8月後半にピークとなり、その後減少傾向を示し、9月には大幅に減少し全国的にも不思議なほど減少してきました。

まだ、研修会のテーマを相談できていなかったことから、これまでに同研修会で岡城が担当した講義は、以下のようなものがあることを連絡しました。

  •  新しい浄化槽(担体流動処理等)について
  •  中・大型浄化槽の維持管理
  •  沖縄県の下水道と浄化槽の位置づけ及び浄化槽の現場におけるトラブルシューティング
  •  浄化槽汚泥の減量化について

9月後半には明らかに収束が見え始め、9月30日を持って緊急事態宣言が終了されました。

未だ研修会の開催が決定しておらず、10月に入って正式にご依頼が来ました。協会が会員への周知を考慮し早めにテーマを決定する必要があると考え、講演時間1時間15分にあうテーマを選定することにしました。

第9回令和3年度浄化槽管理技術向上研修会のプログラムは下記のとおりです。

玉城会長の開会あいさつ後

① 「新型浄化槽の維持管理方法について」

(株)ダイキアクシス開発部開発一課 赤木 俊介

② 「あらためて浄化槽の基本事項について」

岡城技術士事務所 岡城 孝雄

受講者は30名程度、加えてリモート受講者10名程度が参加されておりました。

皆さん熱心に受講され、質問も寄せられ有意義な研修でした。

2021年10月29日

2021年 10月25日 PREC研究所を訪問しました

PREC研究所には、同所が環境省から受託した平成27年度富士山山岳トイレ対策検討調査のヒアリング対象者として訪問したことがあります。

今回は、同所が同様に受託した屋久島国立公園内直轄施設適正利用検討業務のヒアリングでした。具体的には山小屋トイレの汚水処理施設に関するヒアリングで、すでに調査されている結果に対する見方等をアドバイスさせて頂きました(詳細は割愛)。

山岳、河川、湖沼、海域などの自然地域に設置されたトイレと汚水処理施設は、コロナ収束とともに利用客の増加によって難しい運転が強いられます。施設の能力に応じた利用が欠かせませんが、現状ではオーバーユースが常で、維持管理も困難な場所が多いことから、利用者のマナーも重要となります。

環境省からは先を見据えての早めの対策、利用者への啓発など、頑張って頂きたいと思います。

余談

屋久島には、平成12年度、平成13年度に縄文杉登山道トイレ整備に係る検討業務委員会のメンバーとして現地にも行って来ました、縄文杉に会うためにはトロッコ道その後は急な登山、往復10時間近くかかりましたが、、珍しく天候に恵まれ、現地調査といいながら楽しい経験をすることができました。

2021年10月26日