2019 7月4~5日 富山県水産加工場の汚水処理施設の運転状況調査および技術指導を行ってきました。

2019年7月4日と5日にかけて富山県にある水産加工場に行ってきました。富山県はホタルイカ、白エビ、カニ、ノドグロ、ブリ等の水産品が有名ですが、これらを加工する工場も多く設置されているとのことです。小規模加工場ではどうやら垂れ流しも多いようですが、本加工場の汚水処理施設は活性汚泥法による処理を実施してきました。

しかしながら、近隣からの悪臭クレームがあり、これまでも種々の対策が行われてきたようです。

これまでの対策例としては、次のものがありました。

・ばっ気槽へ接触材を固定して処理効率を上げる対策 ⇒ 現在、接触材は引き上げられており、接触材が出回り始めた頃からの失敗事例の典型であります。接触材を充填した当初は接触材下部からのばっ気等により効率が上がったように見えますが、実際には汚泥の捕捉とともに旋回流の異常により汚泥の腐敗が生じ、悪臭の発生を助長してしまうことになったと考えられます。

・原水ポンプ槽、流量調整槽に散気装置を全面に多数本設置し、全面ばっ気による処理を行う対策 ⇒流入汚水に含まれる臭気成分を除去するためのばっ気ですが、汚泥濃縮槽をばっ気し活性汚泥を原水ポンプ槽へ返送することで、流入側から汚水を処理することで処理効率upを図っています。この点は理にかなっていますが、前処理への空気量は過剰であり、ブロワ室に新設された新ブロワの空気量に見合う空気取り入れ開口になっていない現状にあります。

・ばっ気槽におけるpH低下対策として第2ばっ気槽のばっ気抑制対策 ⇒ 処理水のNOx-Nが50mg/L程度あり硝化の進行が確認され、pH低下の要因と考えられました。一方、DO濃度は0.4mg/L、SV30は98%以上、汚泥の色はこげ茶色、生物相観察ではワムシが観察されるなど、DOは流入負荷が小さくなる時間帯、流量調整槽のポンプが停止した時間帯では上昇するものと考えられ、DOが低い要因には汚泥濃度が高い、汚泥引き抜き量が少ない影響と考えられました。

今後の運転方法としては、臭気対策としては前処理スクリーン設備のし渣の管理、シャワーリング、返送汚泥の前処理への増加、空気供給量のコントロール、汚泥搬出頻度等によって対応が可能と考えられました。

2019年7月11日

2019 6月29日 株式会社ミカサ創立30周年記念パーティに出席しました。

2019年6月29日の午前中に従業員の方々の研修および打ち合わせを行いました。

30周年記念パーティはホテル日航オアシスタワーで総勢約40名のほのぼのとしたパーティでありました。

株式会社ミカサは大分の中小企業ではありますが、富士山の頂上に燃焼式トイレを整備する等、山岳トイレに貢献されてきました。その後はバイオトイレの開発を行い、環境省技術実証事業に参加し沖縄県竹富島でその実証を行いました。その時の委員会の座長を行ったことが縁となり、現在技術顧問を行っています。

このバイオトイレは種々改良が行われ、海外協力としてペルー、カメルーンへ出荷されています。現在このバイオトイレを用いたレンタル事業も営なわれ、他にもレンタルルームなども手掛けられています。

本パーティはこれまでにお世話になった方々、従業員を含むその御家族への感謝を込めたものであり、ますます楽しい会社作りに邁進されるものと思います。

2019年6月30日

2019 6月28日 株式会社日豊清掃センターを訪問しました。

2019年6月28日 技術顧問をしている株式会社日豊清掃センターを訪問し、約3時間にわたって研修を行いました。

初めての研修でしたので、顔合わせとレベル確認から始めさせて頂きました。約30人程度集まった中には保守点検と清掃担当が混在していたようです。

まず、浄化槽の立ち上げ段階における微生物の役割についてお話し、近年の消毒剤問題、消毒前後のBOD、残留塩素の測定問題、小型合併処理浄化槽の変遷とコンパクト浄化槽が抱えるトラブル事例等をお話ししました。

また、予め従業員の方々に質問事項を出して頂いておりましたので、その回答を行いました。主な質問は次のようなものです。

・水量過多への対応方法、・界面活性剤の処理、・各種薬剤や糖尿等の影響、・窒素‣リンの安定処理方法、・し尿‣浄化槽汚泥の発生原単位、・浄化槽汚泥濃縮車に係る種々の質問 等

今後も現場からの質問を寄せて頂き、キャッチボールしていく事としました。

 

2019年6月30日

2019 6月25日 公益社団法人広島県浄化槽協会の総会に出席しました。

2019年6月25日 公益社団法人広島県浄化槽協会の総会に出席しました。

議事案件は次のとおりで、何れも承認されました。

1号議案 平成30年度決算報告の件

2号議案 令和元年度資金調達及び設備投資の見込み変更の件

新社屋の建設に係る仕様変更に伴う資金繰りでしたが、現事務所の家賃相当で返済可能とのことで承認されました。

3号議案 役員改選の件

2年の理事の任期切れに伴う改選でしたが、前回と同様なメンバー構成となり、岡城も2年間務めさせて頂くことになりました。

その他、報告事項があり、その後、懇親会に入りました。浄化槽法の改正に伴う協会の方針等が話題になりましたが、県、市町、設置者に十分理解して頂いて推進する必要があることを、岡城の中締めの挨拶とさせて頂きました。

 

2019年6月26日

2019 6月21日 自己処理型トイレ研究会の総会に出席しました。

2019年6月21日 自己処理型トイレ研究会の総会に特別会員としてオブザーバー出席しました。

平成30年度の活動報告、決算報告および令和元年度の実施計画、予算を議案として検討されました。各議案については承認され、令和元年度も協力して実施していくことが確認されました。

その後、各社の近況、課題が報告され、山岳トイレの需要は大幅に減少し新設は望めないことから既設置の装置のメンテナンスから更新へ向けた動きを実施していくとの事。また、快適トイレの流れからレンタルトイレの動きも活発化してきているが、その維持についての課題も報告された。

一方、道路工事等の面的に移動しながら作業員のトイレも移動したいという要望に対し、車載型トイレの需要が見込めるとの事ですが、廃棄物処理法上の課題もあり慎重に扱っていく必要性が示されました。

2019年6月26日

2019 6月10~11日 株式会社アメニティいわきを訪問しました。

2019年6月10日にアメニティいわきの根本専務とともに、原発周辺の復興エリアに設置されている浄化槽の保守点検業務に随行致しました。

このエリアの復興状況については、近年あまり報道されておりませんが、実態としてはなかなか進んでいないように感じられます。それでも復興に係る東京電力の関連会社、土木建築関係会社、環境省関係の方々が作業を進めており、新設の建物、宿舎、庁舎、住居からの排水は浄化槽で処理されることになります。新設の浄化槽であるため性能評価型が設置されることとなり、成分がほとんどし尿であり、低負荷であったり、通常の運転とは異なる状態てある例が多い状況です。

このような浄化槽に対して、どのように運転すれば性能を発揮させることができるか、試行錯誤で奮闘されている状況です。以前からアドバイスさせて頂き、今回、その後の状況について確認するとともに、さらなる所期の性能発揮に向けた運転調整をお願い致しました。

翌日、6月11日にはAゴルフ場の浄化槽の保守点検に随行致しました。ゴルフ人気が下火になってほとんど運転していない状況であったようです。広大な敷地内にはゴルフ場、クラブハウス、ホテル、乗馬場、厩舎等が設置され、極めて大がかりなものです。現在、ゴルフ場と乗馬関係が細々と営業しており、浄化槽の運転を始めたとのことです。処理方式はOD方式で、約1ヶ月前まではOD槽内は腐敗し黒色化が進行していましたが、ばっ気を開始して約1ヶ月後、黒色汚泥は少しずつこげ茶になり、硝化の進行が確認されました。これから活性汚泥の成長を促進し処理の安定化を図るための運転方法についてアドバイスさせて頂きました。

 

2019年6月25日

2019 6月4日 公益社団法人広島県浄化槽協会の理事会に出席しました。

2019年 6月4日 公益社団法人広島県浄化槽協会の令和元年度第1回理事会に出席しました。

審議に入る前に、新社屋建設予定地を視察しました。立ち退きが完了した2階建ての事務所を改築、増築して検査事業の拡大への対応、研修施設の充実が図られます。職員の皆様にとっても有意義になるものと感じられました。

審議については、令和元年度総会に向けた ①平成30年度決算報告の件 ②令和元年度資金調達及び設備投資等の件 ③役員改選の件 を主に審議されました。その他には報告事項が多数報告され、閉会とされました。

ますます、広島県、市町との連携強化と業界の意識向上に向けた取り組みが重要になるものと考えられます。

 

2019年6月8日

2019 6月3日 浄化槽汚泥濃縮車の運転状況の視察、再指導を行いました。

広島県三次市の株式会社コスモスに浄化槽汚泥濃縮車(以下、濃縮車)が導入されたのは約5年前とのことです。

すでに濃縮車は2台となって有効に活用されています。

実際の現場作業を濃縮車の開発者である福島県いわき市アメニティいわきの根本正氏と共に視察しました。

通常業務では、濃縮車には一人乗車で一人作業とのことですが、本日は濃縮車担当のベテランと新人による二人作業です。

まずは、作業手順の確認を行うと共に、近年のモアコンパクト型浄化槽への対応方法等について、実地に指導を行いました。

既に濃縮車は全国に200台を超え、数多くの現場作業を実施し、炭酸ガス排出量の削減、水リサイクル、バキューム車からの脱却等、極めて有意義であることが認識されています。

一方、作業者は作業に慣れ、作業手順が自己流となっている例が少なくありません。各作業や使用薬剤の意味、凝集反応の見極め等がやや不十分となっていることが多く見受けられます。

今回の場合、新人への指導として、①ソーダ灰の添加の意義(pH調整以上に凝集促進とフロックの強化であること)、②凝集剤の添加方法と凝集反応の見極め方、③分離液の返送位置の確認(放流側に近い単位装置へリサイクルしていたが、流入側からリサイクルすること⇒分離液が直接放流されないように不足分を放流側の単位装置に通常の水張りを行う。)

残念ながら水道水を使わせてくれない地域があり、水張り、運転調整ができない場合もあるようですが、清掃後の処理機能の立ち上げには再調整が必要なポンプ、ブロワ等があるので、是非実施して頂きたい。設置者(管理者)からの委託されて清掃を実施することではあるが、清掃の意義をしっかり理解してもらうように作業者からの説明が重要である。

根本氏からのアドバイスとしては、水道は1m3当り150円前後であり、作業及び水張りに使用する水量は1m3に満たないことから、作業の説明と使用水量として200円を予めお支払いすることも方法の一つであるとの事です。

濃縮車を早くから導入されている地域では、更新の時期に来ています。今回実施したような確認が重要であることが再認識されました。

 

 

2019年6月8日

2019 5月11日 災害時トイレ衛生管理講習会に登壇しました。< 追伸:術後の報告2 >

特定非営利活動法人日本トイレ研究所が毎年主催する【災害時トイレ衛生管理講習会】に登壇しました。

東日本大震災や熊本地震等では、断水や停電、給排水管の損壊、下水道管の破損、し尿処理施設の被災により、多くの地域において水洗トイレが使用できなくなりました。そのため、発災直後のトイレは大小便で一杯になり、劣悪な衛生状態となったところも少なくありません。一方で、災害時に配備される仮設トイレは、通常は工事現場用として使われているトイレのため、狭い、暗い、和式、段差があるなど災害用としては課題があります。トイレに行きたくないばかりに、水分や食事の摂取を控えてしまい、脱水症状や体力低下などの健康悪化を引き起こし、時にエコノミークラス症候群で死に至ることもあります。
本講習会は、災害時トイレ衛生対策を推進し、安心して使用できるトイレ環境をつくる人材の育成を目的としています。排泄・衛生、トイレ空間・設備、し尿処理の各分野の基本的内容および、避難所や医療・介護施設、事業所等でのトイレ衛生対策の実践的なノウハウを習得するものです。

本年は57名の方が熱心に受講されていました。また、アンケートからも「とてもよかった」「よかった」がほぼ100%の結果で、非常に意義のある講習会になったと報告を受けております。災害はいつ発生するかわかりません。しかし、これまでの経験を活かし備えることによって、発災時、発災後の的確な対応が可能となり、被害を最小限に留めることが可能と考えられます。受講された方々が、得られた知識をベースに地域内基礎力の向上に努められ、発災時には中心となって活躍されることを祈念しております。

<追伸:術後の報告2>

大変ご心配をお掛けしており恐縮です。術後、親指の先から中に挿入して固定しておりましたステンレス製針金(7cm程度)を4月の初旬に引き抜いてリハビリを開始しました。その時点では親指は全く動く気配がありません。週2回リハビリに通いながら、自分でも揉んだり伸ばしたり圧力をかけたりして、現在だいぶ動くようになってきており約60%程度の回復かと思っております。もう少しリハビリが必要な状況ではありますが、すでに業務は開始しております。

令和元年もよろしくお願い申し上げます。

2019年5月20日

2019 3月20日 いわき市環境整備事業協同組合の浄化槽管理技術研究会に登壇しました。

2019 3月20日 いわき市環境整備事業協同組合の第9回浄化槽管理技術研究会に登壇しました。

過去数回の研究会においては、性能評価型浄化槽の特徴や維持管理の留意点などをテーマに実施してきました。

今回はその性能評価型浄化槽がどのような経緯で認定されていくのか等の疑問に応えるため「浄化槽の認定・国庫補助登録の制度及び構造例示型浄化槽との比較と課題」と題し講演しました。浄化槽の性能評価試験においては、目標水質が75%達成すれば合格すること、しかし、かなり厳しい試験ではあるが、その試験方法にも課題があること等を示しました。

一方、登録制度は維持管理性を重視して検討しており、現場からの情報、すなわち実地審査を行ってフィードバックするシステムであることを理解して頂いた。

いずれも完全なる水質目標が達成されるものではないが、継続して得られた結果をメーカーに反映して、よりよい浄化槽にしていくことが重要である。

また、浄化槽設置後の維持管理から得られる情報が極めて重要なものであり、組合としてはそれを如何に活用していくかが、今後の課題であることを認識して頂いた。

2019年3月22日