2022年 8月23日 富山県浄化槽管理士研修会に登壇しました

改正浄化槽法を受けて「浄化槽保守点検業の登録に関する条例」が改正されたことにより、業登録更新(有効期間5年)に際し浄化槽管理士に対し1回以上の研修を受講させる必要があります。

富山県では、全浄連方式(+県から受託の浄化槽管理士技術講習会)で本研修会を実施しています。

昨年は新型コロナ感染症による感染者の増大を受け、全浄連と富山会場、教育センターと富山会場を結んだリモートで実施しました。その際には、リモートのやりにくさを感じました。本来、会場対面で行えば、受講生に質問を投げかけ答えを考えてもらい、その後に解説する等とコミュニケーションを取りながらの研修にしたいところでした。

カリキュラムは昨年同様に次のとおりです(講師は異なります)。

1.開講、挨拶(富山県浄化槽協会、富山県環境政策課)

2.「富山県における浄化槽行政について」 富山県環境政策課 今田技師

3.「あらためて浄化槽の基本事項について」 岡城技術士事務所 岡城

4.「浄化槽保守点検業の登録に係る研修テキストによる講義」 教育センター 武田文彦リーダー

5.閉講、修了証書の交付

昨年の資料作成時にリモートであるが故、解答・解説部分を資料中に記載しました。今年の資料はそのままの形で提出しましたが、対面講義ではこれを伏せておき、考えて頂いた後にお示しする方が良かったかな–と反省しております。

来年に向けて、資料を再構成することにします!

2022年8月23日

2022年 8月4日 災害時のトイレ・下水道フォーラムに参加しました

下水道展’22 東京 併催企画 8 月4 日 災害時のトイレ・下水道フォーラムに参加しました。東京での開催ということもあり、「マンションでの生活維持のためのトイレ対策を考える」をテーマにしています。

①「災害時におけるマンションでのトイレ問題」 NPO法人トイレ研究所 代表理事 加藤 篤 氏

②「災害時にも住み続けるためのマンションのレジリエンス」 芝浦工大 教授 増田 幸宏 氏

③「首都直下地震における被害想定と今後の課題」 東京都 防災計画担当部長 芝崎 晴彦 氏

④「江戸川区災害(震災)字のトイレ確保・管理計画について 江戸川区 統括課長 藤川 則和 氏

発災後、数時間以内にトイレに行きたくなった例が半数以上もあり、トイレ問題が浮上します。その場所ごとに被災状況が異なり、マンションの場合には、受水槽、高架水槽の容量、停電、断水等の状況、エレベータ停止等の様々な様相を呈します。あらかじめ想定した災害に対して個人が備えること、発災時における行動予測等、これまでの経験から重要なポイントが示されました。一方、マンション自体の耐震性、モニタリングシステムの設置、発災に備えた維持管理の重要性が示されました。

しかしながら、発災はいつ起きるかわかりません。東京都では様々な被害想定をして、身の周りで起こり得る災害と被害の様相を時系列でシミュレーションを行っています。都のような大都市では、地方都市のような大規模訓練はできません。当面は地域防災計画を充実させていく試みがなされています。

一方、江戸川区でも震災時におけるトイレについて、自助、共助、公助の観点から準備が進められています。発災時には避難所が設定され、携帯・簡易トイレの確保、仮設トイレの設置、災害時対応トイレとして既設トイレの活用、マンホールトイレの活用、そのための利水方針等が検討されています。

私達の生存中にも様々な自然災害を経験して来ました。この先も日本は災害を回避することはできません。日本は災害の度に復興してきた長い歴史がありますが、その被害を最小限に留めるためにも英知を結集して災害に臨みたいものです。

2022年8月7日

2022年 8月3日 下水道展視察、JARUS訪問してきました

2022年の下水道展は8月2日~5日まで東京ビッグサイトで開催されました。展示会場は設計・測量(16社)、建設(87社)、管路資器材(60社)、下水処理(88社)、維持管理(43社)、その他(16社)、パブリックゾーン(14団体)の区画に分かれ展示され、来場者を引き込みながら積極的に説明が行われていました。

興味のある展示は、下水処理、維持管理が中心になりますが、各社、自社のラインナップの説明を熱心に行っていました。近年は、災害対策関係も多い傾向を示し、マンホールトイレ等の展示も見られました。また、夏休みであることから、家族連れの来場者も多数おられ、パブリックゾーンでは、クイズ、お絵かきなどが行われていました。

同時期開催である下水道研究発表会には現役時代は、毎年のように参加や発表を行っておりましたが、2022年第56回下水道研究発表会には出席せず、後日、講演要旨集を購入して勉強する状況になっています。

午後からは岐阜の日本環境管理センター牧野氏、他数名とJARUS(一般社団法人地域環境資源センター)を訪問しました。日本環境管理センターでは、汚泥処理を20年近く乾燥・炭化で処理してきましたが、機械の更新時期を迎え、代替策を検討中です。現役時代からお付き合いのあるJARUS佐藤氏に堆肥化等の技術、補助等についてお聞きしました。なお、JARUSの施設ごとに発生する汚泥量と日本環境管理センターが処理する容量に隔たりがあり、農水省の予算はJARUS型施設からの汚泥割合が50%以上でないと補助対象にならない等、ご意見を頂きました。JARUS型施設は全国に5,000基程度設置され、まさに更新の時期ですが、国の施策としての共同等による統廃合が大きくのしかかっている状況とのことでした。一方、魚集、林集について、現在も稼動しているが同様な問題を抱えているとの事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年8月7日

2022年 7月15日 民生委員児童委員の定例会出席 ワクチン4回目接種

7月15日民生委員児童委員の定例会(毎月実施)に出席しました。新型コロナ感染者急増となっているが、敬老事業対象者の把握、ふれあい事業、一人暮らし訪問等を注意して実施していくことが確認されました。

特に、この時期は高齢者の熱中症にも注意を呼び掛けていくこととしました。

民生委員児童委員は3年任期で、本年の11月で任期が切れます。協議会、自治会としては継続を呼びかけていますが、民生委員児童委員も高齢化が進み病気を発症している方もおり、なかなか難しい状況であると感じました。私の場合は、あと1期は務めていく予定です。

定例会後、外に出ると豪雨(相模原市には大雨警報発令)の中、ワクチン接種会場に向かい、スムーズに接種が済みました。帰宅後、肩の痛み、夜中から38.0度の発熱がありましたが、翌日の昼頃には平熱に戻り、肩の痛みも翌々日には収まりました。

私の地域でもコロナ感染者が見え始めています。今回のオミクロン株BA.5は感染力、重症化も大きい気がします。注意していきましょう。

2022年7月20日

2022年7月13日 日本環境管理センターを訪問しました

2022年7月13日に日本環境管理センターを訪問しました。昨年、濃縮車の勉強会、環境塾でお邪魔しました。

日本環境管理センターとは、汚泥処理に関して脱水、乾燥、炭化のベンチスケール、パイロットスケール、実機と一緒に研究開発を行って来ました。炭化装置は汚泥の減容・減量化に極めて有効であり、得られた炭化汚泥も肥料登録を行い、その炭化オデイは地元の農家に広く利用され、また、自社内でも農作物やパパイヤを生産して好評を得て来ました。

その炭化装置は、火を使うことから装置内に劣化が見えはじめ、修理しながらも限界に近くなってきている現状にあります。将来を見越して、脱水汚泥を地元で発生する剪定枝等と混合した堆肥化、地元から得られる天ぷら油を活用したBDFの製造等、近い将来のあり方について検討中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年7月19日

2022年7月 大変ご無沙汰しております

大変ご無沙汰してしまい恐縮です。

1月、2月のコロナ感染者数のピークの頃は何か落ち着かない状況が続き、それでも重傷者が少ないことから徐々に対外活動ができるようになってきました。

古巣である公益財団法人日本環境整備教育センターの講習会の講義も人数を制限しながら実施して来ました。

2月12日には第3回目のワクチンを接種しました。その後は、手洗い、マスク等によって自己防衛に努めることが肝要でした。7月に入ってからの感染者数の急増は、免疫力の低下、ウィルスの新たな変異株、免疫すり抜け等があり、自宅でも7月5日に3回ワクチンを接種した1人が発熱し、ファストドクターを呼んでコロナ感染が判明し、家族は自宅待機中です。私はこの間いわきへ仕事と帰省中で濃厚接触者とはならずに、帰宅してからも接触しないようにしております。幸い他の家族は発症せず、自宅用に購入した抗原検査キットでは陰性で、11日か12日まで待機が継続されます。

いわきへは、①いわき市環境整備事業協同組合の50周年記念の祝賀会への出席、②技術顧問をしているアメニティいわきの現場研修と座学、③自分の祖母の50回忌で帰省しました。

清掃団体は50年以上の長きにわたって生活環境・衛生環境の保全に尽力されて来られ、近年では益々重要な業務であることが再認識されています。

3月にはPREP研究所において、屋久島に設置された自然地域トイレ(TSS式)について、昨年調査された結果への考察、今後の課題の整理等を行いました。

また、3月末から4月初めには、先に示した団体の退職者の送別会に参加して、一緒に仕事をしてきた思い出話などをしてねぎらいました。

5月26日には環境展を視察し、各ブースを回りながら情報収集に努めました。

6月7日には、公益社団法人広島県浄化槽協会の理事会に出席し、久しぶりの対面会議を行うことができました。

この間も2年半前に就任した民生委員児童委員の仕事も継続して実施し、11月に任期が来ますが、あともう1期(3年間)は行う予定です。

7月15日には4回目のワクチン接種を予定しています。

当面の予定は、8月上旬に下水道展視察、8月23日に富山県浄化槽協会の研修会登壇、9月に講義や宮古島への出張、10月は浄化槽の日、講義、浄化槽技術研究集会、11月4日「令和4年度浄化槽シンポジウム福岡」に登壇予定です。

ホームページの更新が滞ってしまい、大変申し訳ございませんでした。

 

 

2022年7月11日

2022年 1月5日 謹賀新年

明けましておめでとうございます。

本年も新型コロナウィルス感染症との闘いはまだまだ続きそうです。

ウィルスは人に感染し、体内で増殖する際にコピーミスを起こし、その変異によっては猛威を及ぼす株が誕生してしまいます。株ごとに性質が異なり症状も変化します。

その検査に用いられるPCR検査、遺伝子配列(DNA)もノーベル賞を受賞したもので、本当に身近なものになっています。人類が誕生する過程でもDNAの変異が大きく関与しており、その変異を引き起こしているのがウィルスであるとする説がウィルス進化論です。ダーウィンの進化論は目で見て有利になったものを観察した結果であり、そうなった要因にはDNAが関与していることは想像できます。

当分は、ウィルスとの闘いは続くようですので、ワクチン、マスク、手指消毒、換気等、自己防衛しながら闘っていきましょう!

2022年1月5日

2021年 12月11日 ぎふ地球環境塾に出席してきました

ぎふ地球環境塾は、環境教育の一環として、ソーラーアークのある町、岐阜県安八郡安八町で、平成14年6月から始まりました。生活を取り巻く環境に対して広く問題意識を持つことと、その解決方法などを講義と実習を交えて学ぶとの事です。 一つ一つの学びを通し、自分の住むまちから岐阜県、そして日本、さらには世界へとグローバルに環境保全・自然保護を考える地球市民を目指します。塾生は、小学生とその保護者が対象です。

歴史のある環境塾で、近年は(株)日本環境管理センターの研修室で開催されているとの事で、本日は講師2人を招いて行われました。

一人目は日本トイレ研究所の加藤篤氏です。

テーマは「災害時に備えるトイレの話」です。日本では災害が多数発生しますが、その際に困るのが電気・水道・ガスなどのインフラが止まってしまうことや家具・家屋の倒壊、浸水などによりトイレが使えなくなってしまう事です。その時を想定し塾生とのやりとりが始まります。トイレで使う水の量?地震の時に何が起きるか?暗くなってしまうトイレに何が必要か?・・・ストーリー性のあるやり取りを塾生とキャッチボールしながら進めていきます。水が流れないトイレには携帯トイレが有効であり、その3種類についての説明と子供たちによる実演をいれながら学んでいきます。他にも有用なお話を交えて1時間があっという間に進んで終了です。

二人目は旅行作家の石原英一氏で、2019年10月からは安八町の町会議員もされている方です。

テーマはわからないまま進み、前回はマネーコイン(暗号資産)を話され貨幣との違いとして環境にはどちらが優しいか?ただし、弊害もあることを話されたようです。その後、皆に白い紙を配り、その中に閉鎖環境を作って生きていくためには何が必要かを塾生たち自ら考えていきます。塾生の間をめぐり書かれたアイデアを披露しながら、まとめていきます。

話のまとめには、紙の上の密閉空間からバイオスフィア2 へと展開していきます。これはアメリカ合衆国アリゾナ州オラクルに建設された、巨大な密閉空間の中の人工生態系です。名称は「第2の生物圏」の意味であり、建設の目的は人類が宇宙空間に移住する場合、閉鎖された狭い生態系で果たして生存することができるのか検証することと、「バイオスフィア1」すなわち地球の環境問題について研究することでした。

この実験の結果は慢性的な酸素不足により脳への影響が著しく、人間活動が悲惨な状況になったため100年計画であった実験は2年間で幕を閉じることになってしまいます。

今回の塾生たちとのやり取りは考える力を養うのに極めて有効で、自分で考え自分で行動する一歩になることと確信しました。

2021年12月12日

2021年 12月10日 (株)日本環境管理センターの浄化槽汚泥濃縮車の勉強会に出席しました

浄化槽汚泥濃縮車に携わって40年になります。

岐阜県には浄化槽汚泥濃縮車が65台導入され、全国では最も多く用いられている県です。導入されてしばらくすると操作方法が自己流になる傾向があり、特に対象とする汚泥の見極めや凝集反応の見極めに個人差が生じます。

日本環境管理センターの牧野社長から、近隣の同業者も入れて勉強会を実施したいとの要望があり、浄化槽汚泥濃縮車に関する実務研修(アメニティいわきの根本氏)と座学を岡城と根本氏が担当して実施しました。

岡城が以前所属してた公益財団法人日本環境整備教育センターでは、環境省の環境研究総合推進費に課題名「汚泥濃縮車を活用した浄化槽汚泥の収集・運搬・処理過程における環境負荷削減効果の網羅的解析および最適活用方法の提案」が採択されたことから、4名派遣して本勉強会に臨みました。

天候に恵まれ、海津市役所の職員も加わり総勢20名ほどで現場からスタートしました。1か所の現場ではありましたが、構造例示型の7人槽で接触ばっ気槽内の活性汚泥化もあり、2回濃縮操作を行いまた。そのため、浄化槽内部の状況確認と汚泥濃度の違いによる凝集反応の見極めなどを確認しながら、時間をかけて勉強することができました。

座学では、最初に動き出した東急車両の濃縮車からSN式濃縮車へ、黎明期から発展までの種々の苦労話、さらに技術的には凝集剤の特性から最適凝集状態の判断に必要な事項について学びました。

本濃縮車は現場で凝集・濃縮などの処理を行うことから、中間処理(し尿処理)施設として登録しなければならないとされた時代がありました。その後、浄化槽維持管理基準等検討委員会において清掃作業の効率化について浄化槽汚泥濃縮車が検討され、その有用性が各都道府県に通知され、浄化槽ビジョンやし尿処理広域化マニュアルでもその活用が示され、結果として、濃縮車を廃掃法上の「施設」としないことに問題無いと判断されることになります。

そり頃には、SN式(モリタエコノス)濃縮車に加え、新明和工業、兼松エンジニアリングも濃縮車を開発し販売を開始しました。岐阜県ではこの3社について作業性、作業効率、汚泥濃縮度、分離液の性状などを同一設定条件で試験を行うことを教育センターも参加して実施しました。

数々の知見が得られ、浄化槽汚泥濃縮車の発展に貢献できる成果が得られました。

その他、参加者から頂いた疑問点に答えながら、ディスカッションも行うことができ、大変有意義な勉強になり、今後の現場作業に役立てて頂けるものと確信して閉会となりました。

 

2021年12月12日

2021年 12月8日 一般社団法人広島県浄化槽保守点検協会を訪問しました

一般社団法人広島県浄化槽保守点検協会とはアドバイザリー契約を締結しております。

今回は現在作成中の51人槽以上浄化槽に対する保守点検記録票について、チェック、アドバイスしてきました。

これまで20人槽以下の保守点検・清掃の記録票については、広島県のホームページに掲載され、全県下統一化が進んでいます。中型浄化槽についても同様に使用できるようにするための検討です。

中型になると機器設備、処理方式も多種多様になるため、これらを網羅した記録票にするため、しばらくは内部での議論を深め完成に向けた努力がなされることを祈念しております。

2021年12月9日